.

冷凍餌専門サイト
  • 結果安い
  • 各種無料サービス
  • 到着1週間後保証
今月(2017年5月)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
翌月(2017年6月)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
(      発送業務休日)

結果、安い。

コオロギの単価が安くても、生存率が低ければ結果高くついてしまいます。
生存率の高さこそが本当の意味での安さと考えます。

例えばS9mm50g1000円(約500匹)をご購入の場合、1匹あたりの単価は2.0円程度となります。
しかしストック中に半分死なせてしまった場合、250匹を1000円で購入したことになりますので、単価は4.0円となってしまいます。
生き餌を飼育管理する上で、使い切るまでのロスをいかに少なくするかが重要となります。

コオロギ生存率高の秘訣

梱包前日の生き餌に対してのトリートメント処理をはじめ、グラム販売によりコオロギ選別のための時間を大幅に短縮し、生き餌に対しての出荷ストレスを軽減、さらに輸送中の生き餌の状態を最良に保つための梱包を優先しています。
そのため夏場など通気性の確保が重要な場合はサイズやご注文量によりダンボール箱直入れを優先しております。
お客さまからすれば紙袋等に入れてほしいと思われることもあるかと思いますが、使い切るまでのロスを少なくするためには到着時の状態を最良にすることが第一歩と考えています。

配送中の死着原因には暑さによる蒸れ、寒さ以外に圧縮死があります。
かくれ家の為の新聞紙がコオロギの重み、配送トラックの振動や運搬等で徐々につぶされ、コオロギが重なり合い体力消耗につながり死亡する・・というケースです。
せっかくの元気なコオロギも到着時には体力が落ちてしまっているということにもなりかねます。
新聞紙のかくれ家をパラソル型にし、コオロギの重みにも、運搬時の振動にも充分に耐えられるよう梱包しております。

サイバークリケットではお届け時のコオロギの死着率ゼロを目指しています。
到着時の生き餌の状態が良いということは、ストック中のロスを少なくすることにつながります。

到着時は元気なのにしばらくすると死に出してしまうなど飼育管理でお悩みの場合必ず原因があります。
寿命ではないのに死んでしまう場合、飼育環境が合っていない何かがありますので原因を知ることが大切です。

飼育環境を診断します

お悩みの場合連絡いただけましたら、お客様の飼育環境を診断対策させていただきます。
共食いなど防げない部分もありますが、飼育環境のミスによる余分なロスを防いで、効率よく飼育することが可能です。

飼育環境診断サービス(無料)・・事前にメールにてお申込いただきましたら個別診断させていただきます。cyber4@colors-net.com

独自の出荷基準で大量生産中

MAX時の生産規模はコオロギに与える粉末飼料のみで1ヶ月約2t。
コオロギの飲み水1日約100ℓ(日本最大級)と十分な量を生産しておりますが品薄時には品質に多少のばらつきが出ることがあります。
ストック中のロスを少なくするため当社独自の出荷基準を設けており、羽あり(成体コオロギ)でも3週間程の寿命を計算してお届けしています。
1年間通しての良し悪しを判断していただければ幸いです。

生存率の高いコオロギを生み出すために

チャイコフスキーを聴くコオロギ!?
同じ日に同じ木から採れたみかんAとBがあります。
Aのみかんには「おいしいね。甘いね。つやつやしているね。」といったプラス要素の言葉を毎日投げ掛け続けます。
Bのみかんには「まずいね。すっぱいね。汚いね。」といったマイナス要素の言葉を毎日投げ掛け続けます。
すると、数日後Aのみかんは投げ掛けた言葉通りおいしく、甘く、つやつやとしたみかんのままですが、マイナス要素の言葉を聞き続けたBのみかんはその言葉通り汚くしなびてしまう・・・
という話があります。言葉や音楽は動物や植物にも大きな影響を及ぼすことはよく知られています。
サイバークリケットでは、クラシック音楽の持つ癒しのパワーに早くから注目し、コオロギに聴かせています。

餌の原材料
コオロギの栄養価を考えたオリジナル配合餌です。配合割合が変わるとやせたコオロギになってしまいます。
原材料の区分原材料名
穀類ふすま,とうもろこし
植物性油かす類大豆油かす,コーングルテンミール
動物性飼料魚粉
その他炭酸カルシウム リン酸カルシウム 食塩 パプリカ抽出処理物 米ぬか ケイ酸 アルファルファミール 動物性油脂


日光浴
自然界での環境を考えると太陽の光は不可欠。
より自然に近い状態での飼育を目指し採光重視の飼育環境を実現しました。


活力を与える水
植物から抽出した活力エキスを水に加えています。
抽出したエキスは天然の為無害で、コオロギに活力を与えてくれます。


24時間温度・湿度を管理
温度・湿度の微妙な変化で最適環境も変化します。
特に冬場の朝晩の冷え込みによる温度差をなくし、成長速度を維持するには温度管理は当然必要になります。
湿度も乾燥ぎみに保つことで室内を蒸らさずコオロギの体力消耗を防ぎ、強いコオロギを育てることに貢献しています。


清潔な飼育環境
品質保持、生産量の安定をはかる為、清潔な環境を維持することを大切にしています。


飼育ケースにコオロギの誕生日を記入
成体後のコオロギの寿命を最長の状態でお客様にお届けする為に、飼育ケースごとにコオロギの誕生日を記入しています。
独自の出荷基準を設けて成体後の寿命を計算し、若い元気の良いコオロギをお届けしています。

低密度飼育
1令幼虫なら飼育ケース1つに5万匹でも飼育可能ですが、1ケースに5万匹を入れてそのまま成体まで育つということはありません。
サイズが小さい時期は高密度の飼育も可能なのですが、大きくなるにつれて共食いにつながります。 1ケース内の飼育面積を約30~40倍に活用することで低密度化を実現し、コオロギにとってストレスの少ない飼育環境を提供しています。