.

生き餌専門サイト
今月(2017年6月)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
翌月(2017年7月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
(      発送業務休日)

冷凍コオロギL(羽あり)安さのひみつ!


サイバークリケットでは活コオロギL(羽あり)の寿命を計算して発送しています。
そのため1度でも産卵させたL(羽あり)コオロギや出荷の旬のタイミングを過ぎてしまったL(羽あり)コオロギはほんの少し寿命が短いだけで、品質には何の問題もありませんが、生き餌としては発送しておりません。
当時、このようなコオロギは仕方なく処分しておりました。

捨ててしまうのはかわいそうだし、かと言って寿命の短いコオロギをお客さんに送ることもできないし・・・。
半額で寿命の短いコオロギとして販売しようかとも思いました。
しかし、そんなことをすればやはりイメージが悪くなるし・・・。

それならば寿命が短いものを半額で販売するくらいなら、冷凍にして半額で販売しよう!
お客さんはきっと「冷凍なんて食べるのか?」と思われているだろうから、半額なら試してくれるかも?

元祖冷凍コオロギ販売店として冷凍コオロギを普及させるため、おためし価格として半額で販売開始いたしました。
販売開始当時ほとんどの方が食べないと思われていましたので、冷凍コオロギの需要はなく、最初はほとんど売れませんでした。

注文が入ってから冷凍するといった鮮度重視の出荷をしながら、少しずつうわさを広げていただき、中にはベビーから成体まですべてのペットを冷凍コオロギで育てられる方も現れ、冷凍コオロギは次第に定着してきました。
冷凍コオロギは生き餌とは違い、ストック中のロスがありませんので、生存率が価格に影響しません。
ペットの個体差にもよりますが、慣れさせると食べてくれます。

保存方法
-18℃以下の保存で約1年保存可能ですが家庭用冷凍庫の場合、開け閉めする事による温度上昇を考えると常時-18℃以下は厳しく6ヵ月程度で使い切ることをおすすめ致します。